青山スキンクリニック

For Beauty

ピコスポット

1.ピコスポットとは!?

ピコスポットの特徴

ピコスポットはシミの大きさに合わせてレーザーを照射し、シミの元となるメラニン色素を破壊する治療方法です。従来のレーザーやIPL(光治療)でとれなかったシミも根本的に治療することができます。お肌の中で特に目立つシミやくすみの治療、あざの治療におすすめです。Qスイッチレーザーより短いピコ秒パルスのレーザーを用いることで、周辺組織へダメージを与えずに光音響効果によりメラノソームを破壊することができます。

ピコスポットのメリット

☑︎少ない回数で綺麗にシミを除去
→フォトフェイシャルなどの光治療よりも少ない回数で高い治療効果が期待できます。一般的なシミであれば、1-3回程度で効果を実感できます。
☑︎テープ保護が不要
→従来のQスイッチレーザーによるシミ治療は、レーザー照射後のテープ保護が必須ですが、ピコスポットは必要ありません!そのためより気軽に治療を受けることができます。
☑︎炎症後色素沈着のリスクが少ない
→周囲の組織へ与える熱ダメージが最小限のため、痛みやレーザー照射後に起こる炎症後色素沈着のリスクも少ないです。特に色素沈着リスクの高いアジア人のスキンタイプに対応して開発された「エンライトンSR」は幅広く細やかな出力調整が可能となるため、より安全で効果的な治療が行えます。
☑︎薄いシミにも反応する
→衝撃波による強いエネルギーでメラニンを非常に細かく粉砕できるため、肌に余計な熱影響を及ぼさずに薄いシミに反応させることが可能です。従来のレーザーやフォトフェイシャルではとることのできなかった薄いシミにも治療効果を発揮します。

2.期待できる3つの効果

①シミ・ADM*の除去

肌へのダメージが少ないため、症状の悪化を防ぐことができます。
*ADM=後天性真皮メラノサイトーシス

②ニキビ跡・毛穴の開きの改善

レーザーが表皮内を刺激して肌の再生を促すため、ニキビ跡・毛穴の開きの改善が期待できます。

③タトゥーの除去

従来のレーザーより多色の染料に反応するため、より幅広いタトゥーの治療が期待できます

3.ピコスポットの治療経過

照射直後から2〜3日で、薄いかさぶたになり1〜2週間で自然に剥がれおちます。

照射前

気になるシミやそばかすにピコスポット照射をします。


照射直後

照射直後、患部の周りが一時的に赤みを帯びます。


2~3日後

2~3日で赤みが治まり、マイクロクラスト(ごく薄いカサブタ状)になります。


1~2週間後

1~2週間程度で自然とマイクロクラストが剥がれます。


1回照射終了

照射前よりもシミが薄くなります。

4.こんな方におすすめ

  • シミやそばかすが目立っている
  • より短期間でシミを綺麗にとりたい
  • 今までのシミ治療でもなかなかとれなかったシミがある
  • 施術後テープ保護の必要のないシミ治療をしたい
  • 色素沈着が気になる
  • ADMを薄くしたい
  • ダウンタイムを最小限にしたい

5.治療の詳細

処置時間
初診の方は診察やカウンセリングも含まれるため1時間、初診以降は30分(施術自体は10分程度)
通院
1回の治療で改善される場合も多いですが、再度治療が必要な場合は1-3ヶ月毎の治療になります。一般的なシミの除去であれば1-3回程度で効果を実感できます。
痛み
ゴムで弾かれたようなパチパチとした痛みを感じます
メイク/洗顔
直後から可能です。できるだけ低刺激の物がおすすめです。また、処置箇所が多い場合は翌日からのメイク・洗顔をおすすめしています。
洗髪/シャワー/入浴
当日から可能です。身体を温めすぎると腫れが長引く場合があるため、長時間の入浴は避けてください。
ダウンタイム
照射後赤みが出ます。数時間で徐々に改善し、その後薄いかさぶたが形成され1週間程度で剥がれ落ちます。
リスク
内出血、色素沈着、再発
ホームケア
リンデロンVG軟膏を治療箇所に1日1回塗布。トルビタ錠(ビタミンC)の内服

6.治療前後で注意すること

※自己処理の注意点

  • 治療の1ヶ月前から過度な日焼けを避けてください。
  • 治療前後2週間は除毛など患部への刺激となる行為は避けてください。
  • 治療後は色素沈着を避けるためにSPF30以上の日焼け止めをつけるなど日常的に紫外線対策を行ってください。
  • 一時的に乾燥しやすくなる為、十分な保湿を心がけてください。

ご予約、お問い合わせはこちらから

LINEで予約、問い合わせ

電話番号:
03-6384-5866